旅ばか -後半戦-

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

つらいことうけおい屋02(オマリーさん)

      2020/02/24

旅好きのみなさん、ごぎげんよう。
つらいことうけおい屋・旅ばかたくやです。

 

つらいことうけおい屋、お二人目のご依頼をいただきました!

今回のご依頼者はオマリーさん。アラフォーの男性です。

 

オマリーさん、つらいことうけおい屋へのご依頼ありがとうございます。

早速、『つらいこと』を確認いたします。

====================
オマリー(アラフォー男)

旅バカ先生どーもです。

僕のつらいこと、それは結構ありがちなことだと思いますが昔からの友人達と30代以降ギクシャクして、うまくつきあえなくなってしまったことです。

30歳ぐらいで皆いわゆる「人生このままでいいのか?このままの仕事でいいのか?」みたいな時期になり、僕は一念発起し自分のやりたい分野でベンチャーを立ち上げ、それなりに成功しました。

しかし僕みたいに30代から変化した友人は他にいません。

その後うまく友人づきあいができなくなってしまいました。

さみしいです。どう思いますか?

====================

なるほど。

10代20代の頃と30代って色んなものが変わっていきますよね。

立場や役職、収入、家庭…

それによって人間関係も変わっていく。でも、どんなに変化していったって古くからの友人はとっても大切。

 

 

オマリーさん、

その『つらいこと』、うけおいました!

 

 

まずは『つらいこと』を…

つめつめして…

なくなったり、落ちちゃったら困るのでね、

しっかり、つめつめして…

 

つまったところで、

よいっ、

 

 

 

 

 

 

 

 

オマリーさんの『つらいこと』を背負いましたよぉおぉぉ!!

 

まずはね、これが絶対的に大事なんですよ。毎回やります。

『つらいこと』を共有して、共に背負う。

わたしだけじゃないんだって。この『つらいこと』を一緒に背負ってくれる人がいるんだって。そのことが大事。

 

さらにね、今回の『つらいこと』なんですが、初めに文章を読んだときから感じました、わたしと境遇が似ているかなと。

わたしも30歳を迎え、30歳のご乱心『このままでいいのかな?』を発症し会社を退職。

一念発起し、やりたい事である旅人として世界を放浪。

旅ばかブログを開設。

 

似ておる。

共感。

 

 

ただ、1点だけ。

1点だけ決定的に違うのが、

 

 

 

 

 

それなりに成功しておりません。

圧倒的弱者。

その点だけが、オマリーさんと全く違うんですよね。

 

あのー、

ご依頼いただいてるのに言いにくいんですが、成功の方法教えてもらっていいっすか?

 

 

さて、一通りひがんだところで本題にいってみましょう。

30代になりチャレンジし、変化していった結果、友人関係がギクシャクしてしまった。

 

なるほど。

原因はなんだろうか。

考える。

 

おそらくなんですが、『服』を着ちゃったんじゃないですかね。

立場・役職・収入・家庭・プライド。

そんなもんをお互いまとめて着こんじゃったんじゃないのかなと。

 

仕方ないんです。

大人になるってそういうことだと思うから。

 

いつまだたっても子供じゃいられないんです。

大人にならなきゃ。

 

 

でも、

大人になった。その言葉で済ませちゃっていいのか。

少なくとも昔の友人にはそうじゃいけないのかもしれないですよね。

 

 

でも、大丈夫です。

 

わたし知ってます。

そんな時どうしたらいいか知ってます。

 

 

 

そんな時は、

 

絶対的に、

 

どう考えたって、

 

 

 

 

 

 

 

風呂です。※こちらジョージアの銭湯からお届けしております。

 

サッカー部の部室か。

※ジョージアは海外では珍しく、温泉に入れます。それもオシャレスパのようなものでなく、ガッチガチの銭湯です。全員全裸スタイルで、もちろんわたしが一番小柄でガリガリです。

 

やっぱりね、裸の付き合いが必要なんですよ。

『服』というプライド・地位・立場・役職・見え方・収入、そんなもんを全部脱ぎ散らかして裸一貫ぶつかったらいいんですよ。

 

そしたらもうギクシャクもくそもないですよ。

大の大人がぽこちんだして、仕事や立場の話なんて出来ないです。

童心に返るんです。

あの頃の何も関係なかったわれわれに戻るのです。ただ一緒にいて楽しかった。くらだないことで笑いあった。毎日を一所懸命生きていた。ただ、横におまえがいてくれた。そんだけなんです。それでいいんです。

 

 

さぁ、オマリーさん、

いますぐギクシャクした友人を風呂に誘いましょう。

 

 

そうすればきっと、あの頃に戻れる。

何も考えずにただ楽しかった、ただ笑いあった、だから一緒にいた。あの頃に。

 

きっと友人も待ってます。

昔同じ学ランを着ていたあなたが、今はきらびやかな『服』を着ている。自分は大衆的な格安のシャツを着ているのに。

着ていく『服』がありません。そう思っているかもしれません。

 

さぁ、『服』を脱ぎましょう。

色んなもんとっぱらって、風呂に誘いましょう。

 

ただ急に『裸で話したいから風呂行こう』って誘ったら新たなギクシャクが生まれることでしょう。

あしからず。

 

 

ただ、

もしかしたらそれでも修復できないこともあるかもしれない。

そんなに簡単じゃないかもしれない。

 

もしそうなったら言ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしと風呂に行きましょう。

でっかい背中を流しあいましょう。

これでさびしくないですね。

 

それでは、また!

ちょっとわたしブログランキング、本気で1位狙いにいきます。

わたしのブログがたくさんの人に読まれたらいいなって思っちゃったんですよね。

さぁ、皆さんわたしの顔をぽちっとしてください。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ブログ村に飛ぶだけなのですが、飛ぶだけでわたしにポイントが入ります。(5秒待ってください。)

あなたの毎日のぽちっとでわたしが人気者になっていきます。

ポイントが入ったからと言ってなにかが発生するわけではないのですが、男だったら1位取りに行くでしょう。

 - つらいことうけおい屋, 飯、風呂、酒-ジョージア