旅ばか -後半戦-

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

青の街がつくられた、その訳を知る

   

どうも全国の旅好きの皆さんBULA 。

今ねフィジーに台風きてるんですよ。

もう大嵐です。

ココナッツが降ってくるのが怖くて怖くて震えてます。

南の島に住んだおかげで南の島で台風に遭った際はココナッツで死ぬ可能性があることを学びました。

みなさんも南にお住まいの際はお気をつけ下さい。

さて本日のお話

【2019.9.5 シェフシャウエン】

シャウエンの青を全力で味わうなら早朝。

 

『お店の扉が開く前だ。』

 

と聞いた我々は早起きをし、シャウエン用のお洋服に身を包みいざシャウエンへ。

早起き担当お母さんの私は、いつも2人より先に起きて2人を起こすことを幸せとしている。

今朝起きたらこんなんだった。

全く同じポーズで寝ている。

手のアングルまで完璧だ。

 

なんてかわいいんだ。愛おしさが爆発した。

決して変な風に勘違いしないでほしいのだが

私たちはベッドが2つあろうが

3つあろうが

3人で1つのベッドに

ナツ アキコ タカヒロで寝るのが

決まりなのだ。

なぜ?って?

そんなん例えば2人が一緒に寝てたりしたら寂しいからだ。

 

そう私たちはとても仲良しだったんだ。

この頃は。。、

この先私たちがどれだけ仲悪くなるかは今後のブログを楽しみにしていてほしい。

 

いざ、青へ。歩く、登る

似合ってるなぁ、もう。

 

 

そして青に着いた

おぉ

たしかに、これだ。

 

青の本気、シャウエンの本気を我々は見た。

 

うんうん

 

たしかにきれい。

青に統一するだけでこんなにも雰囲気が出るなんて…

 

ねこちゃんなんて映えに映えってる。

かわいいなぁ、もう。

 

それにしても一体誰が一番最初に

 

「ねぇねぇ街青くしない?」

 

なんて言い出したのであろう。。

 

いや実はこの青の真相はそんな平和なものではないのだ。

 

 

話を聞くとまだ青の街の歴史は浅いようで

話は今から約30年ほど前に遡る。

 

生粋の青好きのAさん(現在50歳そこそこ)がまず自分のお店を青にしたそう。

大体小学生の男の子が一度は通るであろう赤と青どっちが好きか問題。モロッコにもそんな風習がやはりあるらしい。

そんな中でもAさんは1ミクロンも悩むことなく好きな色は?と聞かれたら

『青!』

と光速で答える事、生粋の青好きはシャウエン界隈では有名だったそう。

そして忘れてはいけないのはボーイッシュな女の子も青を推しがちだということ。

これも日本もモロッコもあるある、だとのこと。

 

次にそんなAさんを見て

「え?なんかええやん。俺もやろっかな?」

 

と思った自称ラッキーカラー『青』のBさんが、次に自宅を青にした。

 

次にシャウエンの街一番のせっかちのCさんの旦那のDさんが、青には鎮静効果があるとのうわさを聞き妻のせっかちに頭を抱えていたDさんは自宅を青に塗り替えた。

 

もうこの時点で青のうわさは街中に広がっていた。。

 

肥満に悩む年頃の娘をもつシャウエンの町会議員のEさんは、なんと青には食欲を抑える効果があるとの噂を聞きつけ自宅にとどまらず、親戚中に『青』を強制した。

 

そして噂が噂を呼び次第にシャウエンの街は青く染まっていったのだ。

 

するとどうだろう、、

 

鎮静効果→犯罪の抑制

 

肥満抑制→生活習慣病の予防

 

シャウエンの街、そして街人はみるみるうちに盛り上がったのだ。

良いことしかなかった。

 

青には無限の可能系がある、人々はこれを青の奇跡と呼んでいるんだそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこんなのは、全部私のつくり話だがね。

 

実際なぜ青になったのか?

そんなこと私は知らぬ。

 

観光目的だったらまじでおしゃれなやつおるやん、と素直に思う。

 

 

だらだらと嘘の話をつらつらとながなが綴ったがなにが言いたいのか?

 

と言うとシャウエンには朝行くべき。

ということ。

かわいいお写真撮っただけでネタがなくて嘘書いてごめんね。

写真だけたくさんはるからみてね。

 

 

散策を終えていよいよサハラツアーに行くためフェズ に移動。

エアコンの効かないバスで。、、

 

3人なのに荷物多くね?

 

 

では!本日もたくやになりますがたくやになるとおっさんを撫でる気にならないかもしれませんが、よろしくお願いします。どうか私が台風にのって空飛べますように。

ココナッツが当たって私がお星さまになりませんように。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 - モロッコ−待ってろサハラとタジン鍋−, 世界放浪