旅ばかの日常

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

トマティーナ 前日 また改行出来ない読みにくいヤツ編

   

 

全国の旅好きの皆さん、ご無沙汰してます。
ごきげんようakoです。

 

また改行が変なんなってるけど、我慢して呼んでね。まぁ今日の記事は特に何もないから読む価値すらないけど。

いや、あるわ。やっぱり。

まぁいいや。

 

 

気を取り直して、みなさん旅してますか?
私はしてます。

いや、し終えました。一旦。

 

今フィジーに帰ってきたもんでね。
また来年から旅再開します。

さて、おしゃれが止まらない街バルセロナを抜けいざバレンシアへ向かいます。
(もっとバルセロナ長く居たかった)

何をしにバレンシアに行くかというと
日本人には有名なんではないでしょうか?
奇祭「トマティーナ 」に参戦するためです。

 

キプロスでぱっくんとご飯してる時

しゅんたろうに用事が出来て電話をし

なぜかベルギーに行く事になった私。

 

『ベルギー行くならスペインきたらええやん。』

 

と、ぱっくんに誘ってもらって

 

『じゃ行くわ。』

 

と、
全く予定に無かったトマティーナに参戦する事になったんです。

 

 

バルセロナからバレンシア行きのバスに乗り込み

 

『はい、はいどーせこれオレンジの木やろ。これ』

 

って木を眺めながらバス旅を楽しむ
(フェイマスなバレンシアオレンジジュース。
私は大口叩いて『バレンシアでバレンシアオレンジ飲まなきゃ始まんなくない?』くらいの事をカッコつけて言っていたが、後にバレンシアオレンジジュースのバレンシアはスペインのバレンシアじゃない事を知る。アメリカだった。。しゅんたろうごめんな。)
バレンシアに着いた。
いよいよトマティーナメンバーとドキドキの顔合わせだ。
うまくやれるかしら。
私、うまく調和取れるかしら。
 
実は結構不安だった。
 
てか、バレンシア寒い。何これ、天気悪いし。
 
 
それより気があうかしら。
心配だった。
 
 
でも、ここで運命の出会いをすることになる。
 
それから47日間いっしょに旅する事になるナツとの出会いだ。
 
 
ナツとのファーストコンタクトは
 
 
アキコ
『えーーWi-Fi接続できないー』
 
ナツ
『貸して』

だった事を何故か私は、はっきり覚えている。この時から彼女はクールだった。
なんだか恋物語が始まりそうな文章になってしまった。
この日の夜はみんなで自炊をして
なにかしら話をして過ごした。
翌日、さらっと観光して
ビールを飲み
念願のパエリアを食べ
ここはイカ墨のなんちゃら。がめちゃくちゃ美味しかった。
パエリアをいくつかいただいて思ったことは
パエリアはシーフードに限る。ということ。
うさぎのパエリアはちょとくさい。
お夕飯も自炊をして
(この日のお夕飯おいしかったなぁ。)
翌日に備え就寝
翌日は4時半とか起きだった気がする。
では、マナアイラインドに早くきてね。
1人じゃさびしいーー。
ほんじゃ、今日は何もする事ないdayだから頑張ってもうひと記事書くよー。
がんばれ、あきこ。
いや、お前ただ暇なだけだろと思ったら思わなくても撫でてね。

 - 世界放浪 , ,