旅ばかの日常

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

憎きシャルルロワ、みんな気をつけろシャルルロワ

   

全国の旅好きの皆さん、ごきげんよakoです。

旅してますか?

私はケニアのラウンジにいます。

 

8時間ほど。

ケニア入国したかったけどビザ要るやん。って事で秒で諦めました。

 

 

さて、しゅんたろうを朝の4時頃見送り

私は昼過ぎのフライトなので二度寝を決め込み本日スペインへと向かいます。

 

 

ブリュッセル空港には、おっきい荷物あるからだるいしー。と調子に乗りまくりながらUberを使い現れた私。

 

よゆーぶっこきすぎて写真もブレブレ

 

厳しいと噂されるライアンエアーにもバウチャーを印刷もせずに意気揚々と乗り込む。

 

(なぜならば、前日にチェックインカウンターにわざわざ赴き印刷いる?印刷いる?としつこく確認済みだったので。チェックインカウンターのおねえさんはしつこい私に怒り心頭でした)

 

アキコ
『おい、チェックインさせたまえ。』

 

チェックインねぇさん
『は?てかお前ここの空港じゃねーし』

 

アキコ

『…!!! え。』

 

自信満々で臨んだチェックインカウンター。

 

わたしは秒速で腰をくるぶしほどまで下げ日本人代表。と言えるレベルの謙虚な姿勢で伺いを立てる。

 

アキコ
『すみません。どういう事ですか?』

 

 

チェックインねぇさん(鬼強気)

『だから、おめーここじゃねーから!』

 

 

『違う空港いけ』

 

 

 

 

 

 

おわた。

完全におわた。

なんなんブリュッセル。

 

紛らわしすぎるやろ。

ブリュッセルなんて書くなや。

LCCは違う空港なんてしらんし

大々的にブリュッセル!なんて書かずに

シャルルロワ!って書けや!

 

だが文句など言ってても仕方ないのだ。

すぐさまシャルルロワ空港への行き方を調べる。

 

電車なし。

バス本数少ない。

歩き距離めっちゃ長い。

 

 

だるい。

だるみの極みだ。

 

だかしかし、決断力と思い切りの良さに定評のあるこの私。

だるいと感じたのは、ものの2秒

3秒後にはUberを手配していた。

15000円の出費だ。

 

痛い。

 

 

 

ちなみにシャルルロワはここ

 

 

もうスペインで何も買うことはできない。
だがパエリアだけは、パエリアだけは食べたい。

だめだそんな欲を出しては、何故ならば
クレジットカードは魔法の無限カードではないのだ。

Uberは秒速五センチメートルの速さで私を迎えにきてくれた。

これを一刻も早くシェアしたい私は

 

アキコ
『もー空港間違えちゃったよ!大問題!』
とドライバーに話しかける。

ドライバー
『はっはっは!紛らわしいよね。』

 

『シルブプレ』

 

 

ガムをくれた。

そして車中は私の大好きなクラシックミュージックだ。
心がみるみるうちに回復していく。。

 

 

 

まるで、FFでいうとリジェネ状態だ。
現実世界でリジェネを味わう日が来るとは一ミリも思わなかった。

もう快適でしかある。

むしろ空港間違えてよかった。

 

そう思ったブリュッセル最終日。
そして私はスペインに無事向かうのであった。

 

 

 - 世界放浪, 美食の街-ベルギー