旅ばかの日常

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

インドで迎えるバレンタイン。

   

マクロードガンジ

旅好きの皆さん、ごきげんよう!
旅ばかたくやです。

一ヶ月近くブログ休んでいたんですけど、

何故かリアルタイムに追いつきました。

 

他のブロガーさんの記事を読んでいると、大体遅れているみたいなんです。

書くこと大杉~、背負い投げ~

らしくて。

 

毎日書いてらっしゃるのに、1ヶ月も2か月も遅れているブロガーさんもいるみたいで。

どんだけ充実した日々を送ってんだと。

 

羨ましいぞコノヤロー、と。

インドの水を無駄に飲んで腹下せ、と思います。

 

私なんて2月12日の出来事をブログにするなら、

 

起きました。

朝食取りました。

街を歩きました。

昼食取りました。

宿で昼寝しました。

ブログ書きました。

夕食取りました。

youtubeで第4回高校生RAP選手権見ました。

シャワー浴びました。

寝ました。

 

 

 

誰が読みますか。これ。

 

私の旅はどんだけ薄っぺらなんでしょうね。

 

とはいえ、元々今日あったことを、今日書きたいタイプなんでいいんです。

私はここにいますよって。

すると、『え、今そこですか!?会いに行きます!』とか欲しいです。

 

そんな私のブログ。

昨日のことを書きましょうぞ。

 

スポンサーリンク

インドで迎えるバレンタイン。

3日ほど前より、インドのデリーからマクロードガンジという、

ダライ・ラマ先輩が暮らす街にやってきております。

 

この街に来た目的は、もちろんラマ待ちなんですけど、ラマ先輩今アメリカにいるらしいんです。

 

つまり残念ながらラマれなかったんですけど、

この街は、なかなかいい街です。

 

インドの北に位置し、さらに標高も高いので、

インドとは思えないほど寒く、毎日引きこもっておりますが、

宿から見える、ヒマラヤ山脈のなんか知らん山が雪化粧をしており、とても綺麗です。

雪化粧

 

さらに、ここマクロードガンジはチベットが中国に弾圧され、ラマ先輩がインドに亡命した際に拠点とした街。

その為、現在もチベット色が強く、インドに長いこといる私にはとても新鮮で、刺激的な毎日を送っています。

 

食事も若干異なって、

多くのレストランでチベット料理を食べることが出来ます。

 

その中でもお気に入りはチベット風スープ麺『トゥクパ』。

私ってスープ麺好きでお馴染みじゃないですか。

でも、インドにはスープ麺がないんです。

少なくとも私は見たことございません。

 

なのでこの街に着いたと同時に、トゥクパに飛びつきました。むしゃぶりつきました。

気がつけば、5連続トゥクパしてました。

トゥクパ⑤

トゥクパ④

トゥクパ①

トゥクパ③

トゥクパ②

 

宿の近くの『PEACE CAFE』にはよく行ってます。

書いてたら食べたくなったので、この後行きます。

PEACE CAFE

 

そんなチベット文化があふれる街、マクロードガンジ。

なんの因果か、バレンタインとは無縁そうなこの街で、バレンタインデー当日を迎えることになりました。

 

当日

例年のバレンタインデーであれば、まず私は駐車場を確保します。

勿論トラックでチョコが運ばれてくるからです。

 

‐12時-

ただ、ここは異国の地。

さすがにトラックで来ることはないかな。

などと考えながら、日中過ごしていました。

 

‐15時-

そろそろ誰か渡しに来てもいいかな、と思っておりました。

ウェルカムやぞ、と。

 

‐17時‐

坂の多いこの街。

迷っちゃったかな、と思っておりました。

 

‐18時‐

日も落ちてきて、いよいよ誰も来ないので、街をぶらつくことにしました。

これで皆渡しやすくなるな、と思っておりました。

 

‐19時‐

真っ暗になり、かなり寒いですが、

渡しに来てくれる子の心はアツアツでしょうから問題ありません。

 

ケーキ屋を見つけ、ここで買って来てくれるのかな、などど考えておりました。

ケーキ①

 

‐20時‐

そしてついに待ちに待ったその時が!!

 

『あの、ちょっといいですか?』

『あ、はい…』

『このケーキよければ食べてください!』

 

 

スッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイスボウズ(目線あり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とんだ茶番をお送りいたしました。

 

誰もチョコくれなかったので、自らチョコケーキを買って、

坊主に『これ私にプレゼントしてください!』と言った形です。

 

 

そして、広すぎるシングルルームでケーキを食べたのでした。

寂しい

これが30歳独身彼女なし住所不定無職のなれの姿です。

 

ラマ先輩、

自ら買ったケーキを一人寂しく冷え切った部屋で食べる。

こんなことがあっていいのでしょうか。

 

それでは、また!

今からでも遅くはないです。アイコンを押してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上のアイコンを押していただけると、ランキングが上がる仕組みです!
ブログ村に飛ぶだけなのですが、飛ぶだけでポイントが入ります。(5秒待ってください。)

 - 最狂-インド