旅ばかの日常

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

止まらないインド人の興味。

   

書道③

旅好きの皆さん、ごきげんよう!
旅ばかたくやです。

今日は2月14日です。

皆さん、2月14日って何の日かもちろんご存知ですよね。

1年に1回の大事な日ですもんね。

 

プレゼントをあげたりするあの日ですからね。

それは海外でも同じです。

 

私もなんだかんだ2月14日という日を大事にしてますよね。

そう今日は、皆さんもご存知のように…

 

 

 

 

 

姉の誕生日です。

 

 

 

お姉ちゃんおめでとう。

今年もいい年でありますように。

 

ただね、今は結婚して子供もいる姉なのですが、

中学・高校の頃はきっと葛藤があったと思うんです。

 

チョコ…

あげるの?

もらうの?

 

 

本日の記事いきまーす。

 

スポンサーリンク

止まらないインド人の興味。

デリーで日本人宿に滞在しておりまして。

そこはいごごちが良くて、毎日だらだらと日本の漫画を読んでいたのです。

『嘘食い』って漫画なんですけど、これがまた面白くて。

 

本日のブログに『嘘食い』は関係ないです。

 

そこの宿には共有スペースがあって、

日本人の旅人さんがたくさんいるんです。

 

そこで出会ったのが、ヤス君とヨウヘイ君でした。

2人とはドミトリーが同じで話をするようになりました。

 

ヤス君はフレッシュな大学生。

学校の休みを利用して色々な国を周っているそう。

 

ヨウヘイ君は、元社会人。

インドの伝統的な楽器のシタールを練習するために、インドに来たとのこと。

 

2人とも色んな国を旅していて、話していてとても楽しかったです。

 

 

ある日、共有スペースで話をしていると大学生ヤス君が、

『僕、出会った外国人に日本語で名前書いてあげてるんですよ。』と話し始めました。

筆ペンでメモ帳に名前を書いてプレゼントしているそう。

 

へー、面白いなと思うと同時に、私は思いました。

『私が旅に出る前に考えていたことと同じだ。』と。

 

実は私も同じことを考えていて、出発前に書道がとっても上手な友達に簡単に書道を習い、

さらに書道道具まで持ってきていました。

でも、書道をやったのはミャンマー・ヤンゴンのゲストハウスで一度のみ。

 

彼の話を聞いていると、今後は中央アジア、そしてヨーロッパに向かうそう。

そこでは、本格的にストリートでのパフォーマンスも考えているようで。

 

まぶしかったですね。

ガッツが、やる気が、無鉄砲さが輝いていました。

 

でも、彼が持つアイテムは筆ペンのみ。

志は最高ですが、アイテムが若干弱いです。

 

『本気でやる気ある?』

『あるならおれの書道道具一式あげるよ。』

 

『あります!』

 

友達には悪いと思ったんですけどね、

私が持っていても何も生み出さないので、未来ある若者に託すことにしました。

 

すると次の日。

『書道でパフォーマンスしてこようと思います!』

行動力が素敵です。

 

そこで、ヤス君とヨウヘイ君と私とで、デリー最大のショッピング施設であるコンフォートプレイスに行くことにしました。

 

早速ヤス君がストリートに書道道具を広げます。

その横では、ヨウヘイ君がシタールを取り出します。

書道①(目線あり)

 

すると…

 

書道②(目線あり)

まだ何もしていないのに、あっという間に人だかりが。

インド人のこういうところめっちゃ好きです。

 

 

そして、看板を掲げて…

看板

ヤス君)
『日本語でお名前書きますよ~!』

 

インド初号機)
書いてくれ!

 

 

ヤス君がさらさらーと。

書道⑨

ヤス君)
はい、出来ました!

 

インド初号機)
おぉー、ありがとう!!
めっちゃええやん!

 

それからというもの、次から次へと『おれも!』『おれも!』と大盛況でした。

中には『おれの彼女の分も!』や、『是非写真を撮らせてくれ!』との声も。

書道⑦(目線あり)

書道④(目線あり)

書道⑥(目線あり)

 

結局30分ほどで、約30人書いたようです。

書いた人のリスト。

書いてくれた人

 

行く前は、人集まるかなぁ。なんて話していたんですが、杞憂に終わりました。

なんでもやってみるもんですね。

ただ、次の日に早速パフォーマンスする、彼の行動力がとても素晴らしいと思います。

 

そんなヤス君は、これから中央アジア行って、ヨーロッパ行って、アフリカちょと行って、南米いって、日本に帰るそうです。

これからも書道パフォーマンスは続けるようで、日本の文化を世界に広めてくると息巻いておりました。

 

あー、おれもやってれば良かったな。とちょっぴり後悔しつつ、

彼が世界中で成功することを祈っているのでした。

 

それでは、また!

アイコンを押してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上のアイコンを押していただけると、ランキングが上がる仕組みです!
ブログ村に飛ぶだけなのですが、飛ぶだけでポイントが入ります。(5秒待ってください。)

 - 世界放浪