旅ばかの日常

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

『パン!パン!』の謎。

   

サモチャイ

旅好きの皆さん、ごきげんよう!
サモチャイしながら生きている、旅ばかたくやです。

 

インドにね、飽きました。

 

右も左もインド人なんですわ。

前と後ろは犬と牛、時々う●こです。

 

そして、出てくるもの出てくるものマサラ味(スパイス)です。

大きくまとめるとカレー味です。

 

日本のカレーもそこまで好きではないわたくし。

『今日はカレーライスだよ。』と言われれば、自らカレーうどんに作り変えます。

そして、怒られます。

 

そんなインドではあるのですが、まだまだ見きれていないので、もう少し周ります。

ガンジス河もタージ・マハルも行ってないので…

 

さて、私がインドを旅して約1ヶ月半。

皆さんは『パン!パン!』をご存知でしょうか?

 

きっとご存知でしょう。

あの恐怖を。

 

私は今も『パン!パン!』を思い出すだけで、お腹がいたくなります。

次いつ『パン!パン!』が襲ってくるかと思うと、おちおち列車も乗っていられません。

 

本日はそんな『パン!パン!』のお話。

いってみます。

 

スポンサーリンク

『パン!パン!』の謎。

私が初『パン!パン!』を浴びせられたのは、かれこれ1ヶ月前のことでした。

 

その日、私は『う●こをビーチでプリーとね。』でお馴染みのプリーから、

『チェンマイ?チェンライ?いや、チェンナイ!』でお馴染みのチェンナイに夜行列車で向かっていました。

 

SLクラスという寝台列車のアッパー席にごろんと横になり、暇だなぁ~と本を読んでおりました。

 

するとどこからともなく『パン!パン!』の音が。

最初は気にも留めておりませんでした。

 

しかし、どんどんと『パン!パン!』の音は大きくなり、近づいてくることが分かります。

気にはなっておりましたが、インド人がはしゃいでんのかな?程度にしか思っておりませんでした。

 

 

その時!

 

 

私の足をバシッと叩いたかと思うと、ごろんとなっている私の横に、ニュッとインド人が顔を出してきました。

そのインド人は、インド女性がよく身に着ける民族衣装のサリーを身にまとい、指にはインドのお金であるルピーを挟んで持っていました。

 

ビクッとした私は、インド人を見つめて『何?何?』と言葉を発しました。

 

すると、その質問には答えず、

私の頭をよしよししてくるではないですか!

 

訳が分からず、戸惑っていると、

今後はビーチクをガシガシ攻めてきます!

 

そんな状況なのに、日本人の性でしょうか。

私はニコニコしながら、『やめろやめろ~(笑)』です。

 

これにより、喜んでいるのかと思ったのか、

今度は旅ばかの旅ばかを狙ってくるではありませんか!!

 

コノヤロー。

状況が違えば喜んでるぞ、コノヤロー。

 

さらにさらに、

まさぐった後、手を出して金をくれ。のポーズをしてきます。

 

さすがに調子に乗りすぎです。

さらにこの頃には、この状況に慣れてきて周りがよく見えるようになってきました。

 

よく見てみると、このサリーを着たインド人…

 

 

 

 

男じゃねぇか。

 

 

インド人の中にはかなり色が黒い人がいらして、このサリ男もその部類だったので、

パッと見では見分けがつきませんでした。

 

ということは、私はおかまに体をまさぐられていたのです。

なんか残念。

 

その後、サリ男と私の目にもとまらぬ攻防戦が始まります。

サリ男の高速のまさぐりを、私は両手を使い弾いていきます。

 

さらにまさぐりながら、ちょいちょい『金くれ。』も挟んできますので、

 

ビシュビシュビシュ(戦う音)の間に、

『金』

『しね』

『金』

『しね』

『金』

『しね』

 

のやり取りも同時に行われています。

その他のインド人の乗客には、私たちの攻防は早すぎて、もはや見えていなかったでしょう。

 

1分に渡る攻防の後、

私の『マジで調子に乗んなよ。(日本語)』により、なんとかサリ男を追い払うことに成功しました。

 

たかだか1分の攻防でしたが、

私は3日戦い続けたような疲労がありました。

 

『な、なんだったんだ…。』

 

『パン!パン!』は、サリ男が発する手拍子だったのですが、

その後の旅でも、数回『パン!パン!』を聞くことがありました。

 

いずれも、列車の中だったのですが、

その光景を眺めているとインド人は結構、サリ男にお金を渡していました。

 

『な、なんなんだ?これは…』

さらに謎は深まるばかり。

 

いまだに『パン!パン!』の謎は解決しておりません。

インドはまだまだ奥が深いようです。

 

グーグル先生に聞いてみよっと。

 

それでは、また!

 

パン!パン!

アイコンを押してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上のアイコンを押していただけると、ランキングが上がる仕組みです!
ブログ村に飛ぶだけなのですが、飛ぶだけでポイントが入ります。(5秒待ってください。)

ランキングが上がると私の母が喜びます。

 - 最狂-インド