旅ばかの日常

旅ばかたくやが経験したこと、感じたこと、経験してないこと、感じてないこと、空想、妄想、なんでも書くよ。なるべく中身がない記事を書きますので、通勤電車か便座の上で読んでください。

シンガポールから再びのバンコク。バンコクムラムラ日記。

   

旅好きの皆さん、ごきげんよう!
旅ばかたくやです。

私は現在タイのシーロムという駅近くのゲストハウスに滞在しております。

すごく安くていい感じのゲストハウスなんですが、1点だけ懸念が。

ベットが完全に、木製の手作りなんです。

 

木製ベッド

 

いや、全然いいんです。

木製だからってどうこう言うわけじゃありません。

結構快適なベットですし。

 

ただ、このゲストハウスに来た初日にたまたま日本人の男の子がいて、ちょっと話してたんですね。

それで、彼は2段ベッドの下で寝てたみたいなですけど、

彼曰く、

 

 

『上で寝てるでかい欧州人が寝返りうった時に、木が折れて刺さりました。』と。

 

 

 

 

 

 

 

まじで??

 

 

それ、相当やぞ。

日本なら運営停止食らう勢いでしょ。

 

ただ、タイでは問題ないらしいです。

普通に営業してます。

 

それで、彼も彼で『いやぁ、刺さっちゃって痛かったです。』てか言ってるんですよね。

ノリ軽いね。

訴訟起こしたら確実に勝てるやつやね。

 

 

幸いにも私の上のベットは空いているんですが、いつかでかい欧州人が入ってくるかと思うとビクビクです。

 

さ、本日の記事いきます!

 

スポンサーリンク

シンガポールから再びバンコクへ。

インドネシアを後にした私達兄弟。

シンガポールに戻ります。

 

実は今年の7月にシンガポールを訪れていた私。

もう観光するところはありません。

 

ただ、せっかくきたのでマリーナベイサンズとマーライオンくらいは見に行きます。

 

久々のサンズ!

サンズ②

やっぱりすごいです。

 

前来た時にここに泊まりましたけどね。

一泊5万円ですよ。

5万。

 

今なら一ヶ月暮らせる自信あるわ。

当時の自分あほか。

でも良かったよ。

 

 

 

そして、シンガポールのシンボルマーライオン。

 

 

 

 

 

マーライオン②

工事中だったわ。

 

またかよ。

行くとこ行くとこ工事中です。

 

姉曰く、ひと月に一度清掃するためにこうなるんだとか。

ふーん。

 

私が思ったことはたった一つだけ。

 

 

 

 

なぜ、いま?

 

 

ただ、水が出ていないマーライオンも珍しいんでね。

それはそれで良かったかと。

マーライオン①

囲いも可愛いし。

 

マーライオン③

マーライオンがサンズを食べてる!みたいな画も撮れましたし。

水なしならでは。

 

翌日は移動日。

シンガポールからバンコクへ移動します。

 

3日ほど滞在した、物価に殺されそうな国・シンガポール。

世界で1,2位を争う物価の高さ、だそうです。

ヒィィ。

 

バックパッカーは近づいてはいけない国でした。

 

しかし、本当に治安はいいし、街はきれいだし、都会だし、ご飯は美味しいし、とても魅力あふれる国です。

海外は行ってみたいけど怖いなぁ。と悩んでいる方がいらっしゃったら、まずはシンガポールからいかがでしょうか?とおすすめしちゃいます。

うちの姉もいるしね!

連絡先教えるよ!
(冗談です。)

 

そんなシンガポールから逃げるように出国します。

移動手段はもちろん、

飛行機!

 

いや、だってマレーシアもう陸路で行きましたから。

苦渋の決断です。

 

 

そして再びの再び、バンコク!!

ここでの目的はミャンマービザを取ることです。

日本では1週間ほどかかるミャンマービザの取得。

 

ここバンコクでは2日もあればとれます。

お金を払えば即日取得も可能だそうです。
(もちろん2日後のやつ。安いから。)

ミャンマービザの取り方はまたどこかで。
(書く気ないけど。)

 

無事ビザの申請を終えた私。

タイ、バンコク、シーロムの街を散策します。

 

しかし、暑すぎるタイ。

ショッピングビルに入って涼みます。

 

はー、涼しい。

 

目の前にダイソーがあったので入ってみました。

全品60バーツです。

 

60バーツ=200円。

100円じゃないです。

 

南京錠がなくてずっと欲しかったんですが、60バーツ。200円です。

悩みます。

こんな少額で悩みます。

いつからこんなに小さい男になったんでしょうか。

 

ダイソーの前に休憩用のいすがあったので、そこに座りながら悩みます。

 

すると、

 

『日本人の方ですか??』

 

『あ、そうです。』

 

 

隣には私より少し年上かな?くらいの男性が。

 

『旅行ですか?』

 

『そうです。』

 

他愛もない話をします。

彼はバンコクで働いているそうです。

 

20分ほど話したでしょうか。

 

 

『待ち合わせか何かですか?』

 

 

『出会い系で知り合ったタイ人の女の子待ってるんです。』

 

はい?

ちょっと言ってる意味が分かりません。

 

 

『今日この子ととんかつ食べにいくんです。』

 

そこには、猫とじゃれている身なりの綺麗なタイ人女性が。

 

 

 

 

うらやましいな、オイ。

 

 

 

海外に出てから、あっちの方はそりゃご無沙汰ですからね。

お金ももったいないから風○ももちろん行かないし。

 

 

『その子来るまで一緒に待ってていいですか?女性見たいです。』

 

『いいですよ。』

 

 

彼と話をしながら待ちます。

 

なんか関係ないけどドキドキしてきました。

出会い系って今時普通なんですか?

 

最近のカップルの2割?くらいがSNSがきっかけ!とかって記事を見た気がしますが、そんなもんなのかな?

おじさんには分からんね。

 

待つこと20分。

 

ピロリーン。

 

『あ、着いたみたいです。』

 

うおぉ!ドキドキ!

 

『あ、でも間違えてここじゃなく、とんかつ屋に直接行ったみたいです。』

 

まじかよ。

 

『じゃ私行きますね。』

 

さっさと行けよ。

 

 

楽しみがなくなりました。

最悪冷やかしてやろうと思っていたのに残念です。

 

帰ろう。

南京錠もいいや。

今日はゆっくり眠ろう。

 

 

木製ベットの宿に向かいます。

 

 

 

 

その時!!

 

女性を連れた彼とすれ違いました!!

 

 

 

 

 

可愛いな、オイ。

 

 

 

この時、『酒と女と金の街』パタヤビーチに行くことを決意した私でした。

それでは、また!

 

下のアイコンを押すと、ランキングが上がる仕組みです!
ブログ村に飛ぶだけなのですが、飛ぶだけでポイントが入ります。(5秒待ってね!)

うらやましいなと思ったら押してね!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 - 世界放浪, 微笑みの国‐タイ